Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

染地幼稚園のCOVID-19感染対策について

  • 2020-7-10

文部科学省の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」に基づき、『新しい生活様式』の実践への取り組みとして、以下の対策を行いますので、ご理解・ご協力をお願い致します。

 

〇基本的な感染症対策の実施

①登園時に園児の検温結果及び、健康状態を把握します。(保護者の方も検温を実施してください)

②発熱等の風邪症状がある場合には自宅での休養を徹底してください。

・その際は「出席停止」となり、欠席扱いにはなりません。

③登園後に発熱等の風邪症状が見られた場合、速やかなお迎えにご協力ください

④職員も同様に毎日検温、体調確認をし、発熱等の症状がある場合は自宅待機と致します。

 

〇集団感染のリスクへの対応

①気候上可能な限り、常時2方向の窓を開けて換気を行います。常時開放が困難な場合は、30分に一回以上の頻度で窓を全開にし、換気を実施します。

②園児、職員共に基本的に常時マスクの着用を徹底しますが、幼児はマスクを自分で適切に管理することができません。その為、園カバンのポケットに毎日マスクの予備が2枚入っている状態にして下さい。ただし体操指導時や、気候の状況等により熱中症のリスクが高いと判断した時はマスクを外して活動します。その際は換気の徹底をし、密集した状況にならないよう配慮します。

 

③音楽や絵を使用し、楽しく取り組めるように工夫しながら、適切な手洗い方法や咳エチケットの指導をします。また、適宜消毒液を使用し(登園時、降園時、排泄後等)、手指の消毒を促します。また、併せて空間消毒も実施します。

④園内の共有物(玩具等)や、多くの園児が手を触れる箇所(遊具、手すり、トイレ等)に対し、1日1回以上の消毒を実施致します。

 

⑤登降園の送迎時には、保護者の方々も互いに距離を取り、密集、密接な状況を作らないようご協力をお願い致します。また、職員と保護者間の連絡事項は立て看板等を利用し、会話を減らす工夫をするよう指導されています。これまでよりお伝え出来ることが少なくなることをご容赦ください。また、個別に電話で対応することも可能です。

 

〇感染者、濃厚接触者が発生した場合における対応について

別紙「新型コロナウイルス感染症における園の対応について」(調布市からの指導に基づいています)をご参照ください。

感染者または濃厚接触者が発生した際の保護者への周知は、個人が特定されないよう配慮して行います。

食事の際は、パーテーションで飛沫感染の防止に努めています。

園児が自分で手指の消毒ができるように指導させていただいております。

 

 

◎ご家庭における「新しい生活様式」の実践へのお願い

・園内での感染拡大を防ぐために、各ご家庭の協力が不可欠です。毎日の検温、健康観察(園児及び同居家族)をお願い致します。

・休日において、出来る限り不要不急の外出を控える、友人同士の家庭間の行き来を控える、家族ぐるみでの交流による接触を控えるなど、感染拡大防止へのご協力をお願い致します。

 

※幼稚園は集団生活です。やむを得ず子ども同士が近づいてしまう事や、密になってしまう事がありますが、上記のことを心がけ、感染防止対策に気を付けていきます。

染地幼稚園の(新しい生活様式への取り組み.PDF)はこちらから

未就園児の活動

ページ上部へ戻る